クリーン農業とは、


 1991年度に、北海道が全国に先駆けて提唱した環境保全型農業のことで、堆肥等の有機物の施用などによる土づくりに努め、化学肥料や化学合成農薬の使用を最小限にとどめるなど、農業の自然循環機能を維持・増進させ、環境との調和に配慮した安全・安心で品質の高いクリーンな農産物の安定生産を進める農業です。

1.土作りの推進環境に配慮した持続的な農業の展開
2.化学肥料の低減環境に配慮した持続的な農業の展開
3.化学合成農薬の低減安全・安心で高品質な農産物の生産・提供
4.自然環境の保全安全・安心で高品質な農産物の生産・提供