様式を見る

「北のクリーン農産物表示制度」チェックシステム事務処理要領
北海道クリーン農業推進協議会
平成22年5月27日制定

(目的)
第1条 この要領は、「北のクリーン農産物表示要領」(平成12年2月4日北海道クリーン農業推進協議会制定)(以下、「表示要領」という。)において定める登録集団の遵守事項等の適合状況について、登録集団の自主点検を基本として、表示要領第16条に基づく市町村協議会による確認及び指導を適切に実施することにより、YES!clean農産物表示制度の信頼性向上を図ることを目的とする。

(定義)
第2条 この要領において、市町村協議会とは表示要領第3条第1項第6号の規定に基づいて設置された市町村クリーン農業推進協議会をいう。

2 この要領において、登録集団とは表示要領第8条の規定に基づいて登録された生産集団をいう。

(実施方法等)
第3条 登録集団は、表示要領第4条に基づき、代表者、生産管理責任者、集出荷管理責任者の連携の下、遵守事項等の履行状況について、次により自主点検を実施するものとする。

(1) 登録集団は、毎年度、別記第1号様式により栽培基準の履行状況等について点検を実施するものとする。
(2) 化学肥料や化学合成農薬の使用を削減して生産することを目的に、北海道立農業試験場等により開発・改良された農業技術、いわゆる「ク

2 市町村協議会は、表示要領第13条に規定する登録集団の栽培基準、生産・出荷実績並びに生産・出荷計画、統一シンボルマークの使用実績等の報告と合わせて、次により自主点検結果を取りまとめ、道協議会への報告、現地確認調査を実施するものとする。

(1) 市町村協議会は、別記第3号様式により、毎年度、前号の報告結果を取りまとめ、3月末日までに道協議会に報告するものとする。
(2) 市町村協議会は、登録集団に対して定期的に現地確認調査を実施し、自主点検結果の確認及び指導の徹底を図るものとする。
(3) 市町村協議会は、この要領に基づく現地確認調査のほか、YES!clean表示制度の違反事案等について報告等があった場合は、速やかに現地確認調査を行い、関係者の聞き取りや書類による情報収集等により、事実関係について確認し、是正を指導するほか、道協議会へ報告するものとする。

(その他)
第4条 この要領に定めるもののほか、この要領の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附則

この要領は、平成22年5月27日から施行する。


様式を見る

 


サイトトップページへ戻る